栄養素-ビタミン編-Part2

前回、ビタミン編がまさかまさかの脂溶性だけでいっぱいになってしまい、急遽分ける事に。

ただボリュームが増えたから分けたのか、投稿者の気力が失われたのかは、ご想像にお任せします…。

では、今回はビタミン編Part2という事で『水溶性ビタミン』についてまとめていきます。

水溶性ビタミン

ビタミンB1

豚肉や大豆、うなぎ、玄米に多く含まれるB1は『糖質の代謝』を行うのに必要な補酵素として働きます。糖質からのエネルギーを必要とする脳などの神経系の働きの維持や調節に大きく働きます。

不足する事でエネルギー代謝が不調になり、疲労物質が溜まりやすくなり、『目眩』や『食欲不振』『全身倦怠感』などが起こります。

また、『脚気』や『多発性神経炎』の予防にもなります。

ビタミンB2

レバーや牛乳に多く含まれるB2は『脂質の代謝』を中心に、三大栄養素の補酵素として働き、皮脂の分泌の調整に作用します。

また、肝臓の働きを強め、毒物の解毒作用に働きます。そのため、アルコールを摂取した際には十分に補うことをオススメします。

不足してしまうと、『口角炎』や『口唇炎』『舌炎』といった口周辺の炎症ができやすくなってしまいます。

ビタミンB6

タンパク質をアミノ酸に分解するのに関わる補酵素、血液中のヘモグロビンの合成の補酵素として働きます。

肉やイワシ、ニラなどに多く含まれ、細胞の新陳代謝を促し、発育促進や生殖機能の活性化などの働きをします。

また、妊娠中のつわりの軽減やアレルギー性疾患を防ぐ働きもあります。

不足する事で、『皮膚疾患』や『神経障害』『貧血』になってしまいます。

ビタミンB12

B12はホルモンや牡蠣、イワシ、卵に多く含まれる一方で、植物には全く含まれないため、ベジタリアンは不足しやすいビタミンです。

働きは、赤血球の生成促進の他、タンパク質や核酸、神経中のリン脂質という物質の合成に関与する。

赤血球の合成に関わっているため、不足すると『悪性貧血』につながります。

ビタミンC

ビタミンCといえば、お馴染みの柑橘系やブロッコリー、カリフラワー、小松菜などに多く含まれます。また、短時間で排泄されるビタミンでもあるため、毎食取り入れることを心がけましょう。

働きは多岐にわたり、抗酸化作用により制ガン作用が期待されたり、コラーゲンの生成促進、鉄の吸収促進、風邪の予防などに効果が期待できます。

一方で、不足した期間が続くと『壊血病』という、かつて船の乗員を悩ませた病気になる恐れがあります。

ナイアシン

『糖質の代謝』、皮膚の発育や消化器系の働きを促進、解毒作用や老化防止作用もある。また、血管拡張作用やDNAの複製・修復の補酵素としても働く。

不足すると、全身疲労や口内炎、消化不良、下痢、『ペラグラ』の原因になる。

ナイアシンを多く含む食材には、肉や豆類、魚介類がある。

パントテン酸

三大栄養素の代謝に必要で、特に『脂質の代謝』には不可欠。

中枢神経の発達や傷の治りに働く。

不足すると、『末梢神経障害』を起こしてしまう。

レバー、大豆、ピーナッツ、グリーンピースに多く含まれる一方で、精製されると少なくなってしまうビタミンでもある。

葉酸

緑黄色野菜やレバー、牛乳、卵黄、大豆などに多く含まれる葉酸は、赤血球の合成や細胞分裂の抑制に働き、子宮頸部やB12との組み合わせで肺の前癌状態の進展を防ぐ。

不足は貧血の原因。

ビオチン

レバーや酵母に含まれ、アミノ酸や脂肪酸の代謝に不可欠。また、筋肉痛を和らげる働きもある。

ヒトの場合は、腸内細菌によって作ることが可能なため、不足することは少ないが、不足すると脱毛などを起こす。

以上でビタミンシリーズが終了になります。

そして、お気づきななりましたでしょうか?

脂溶性、水溶性共に『レバー』の出現率の高さに!

つまり、苦手な人もいるかもしれませんが、ビタミン補給にレバーは欠かせない!(あくまでも一個人としての意見です笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です