栄養素-脂質編-

「背脂多めで!」とラーメンを食べに行くと注文の際にお願いしちゃいますよね?

栄養素第三弾の今回は、そんなコッテリ好きには欠かせない『脂質』についてです。

脂質は1gあたりのカロリーが、なんと!9kcalもあるんです。糖質とタンパク質が4kcalですから倍以上…

脂質の種類

一言に脂質と言ってもいくつかの種類に分けられます。

まずは大きく分けて、牛や豚などに多く含まれる『飽和脂肪酸』と植物や魚に多く含まれる『不飽和脂肪酸』の2つに分ける事ができます。

そして更に、不飽和脂肪酸からサフラワー油やひまわり油に多く含まれる『n–6系脂肪酸(オメガ6脂肪酸)』と魚油やナッツ類に含まれる『n–3系脂肪酸(オメガ3脂肪酸)』に分ける事ができます。

脂質の働き

脂質はカロリーも高いため、重要なエネルギー源になっています。そのため『ケトジェニック』といって、糖質を摂らずに脂質を摂りエネルギー回路を変えて行うダイエットを行う人も近年増えてきています。ケトジェニックについてはまたいつか…。

その他に、エネルギーとする意外にホルモンや細胞膜、皮下脂肪として、臓器の保護や体を寒冷から守る働き、そして、脂に溶けやすい脂溶性ビタミン(A.D.E.K)の吸収を助ける働きもあります。

また、不飽和脂肪酸には、血液中の中性脂肪やコレステロールを低下させる働きがある一方で、飽和脂肪酸は逆に増加させるので気をつけましょう。

脂質が不足すると

脂質の摂取量が足りなくなると、エネルギー不足となり疲れやすくなったり、ホルモンにも関与するため、抵抗力が低下する可能性があります。また、脂溶性ビタミンの吸収が満足にできなくなるというところから、ビタミン欠乏になる可能性もあります。

反対に摂り過ぎになってしまうと、肥満になり、『動脈硬化』や『脂質異常症』などの生活習慣病になってしまいます。

不足も過剰摂取もどちらも体に異常をきたします、良質な油を摂りながら脂質ともうまく付き合っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です